ヒゲの永久脱毛はできるるか?

レーザーヒゲ脱毛は本当に永久脱毛なのか?

なぜレーザー脱毛だけ永久なの?

レーザー脱毛も、光脱毛も、原理自体はそんなに変わらないのに、レーザー脱毛の場合だけ、永久脱と言っています。

それは実際にどうなのかという事ではなく、医療機関で行われている美容的な治療である事から、エステでは、「永久脱毛」と言ってはいけないらしいからのようです。

 

つまり、表現の問題であることが大きいようなので、レーザーは確かに出力が強いので、光脱毛よりも早く抜けてくるというのは確かなようですが、永久かどうかは分からないのです。

 

50年前ぐらいにヒゲをレーザーで脱毛した人がたくさんいて、その追跡調査でもできれば、どの程度永久と言えるかどうかは分かれますが、そもそもそんな昔にレーザー脱毛なんてやっていませんでしたからね。

5年で生えてきた人もいる

1年ぐらいかけてレーザーでひげ脱毛してほとんど生えなくなった人が、5年ほどしたらまた生えてきてという体験談を語っていました。

 

こういう人がいる限り、あまりレーザーだからといって、永久とは言い切れないと思うので、過信は禁物だと思います。

 

5年も生えなかったら、いいとすべきかもしれませんが、20万円(実際には脱毛はもっとかかるかもしれませんけれど。) ぐらいかかったと仮定すると、年4万円のコストだったという事になりますから、果たしてこれは、妥当なコストと考えるべかどうか・・・。

ニードル脱毛はどうなの?

私の個人的な見解では、ニードル脱毛が一番永久脱毛の可能性は高いのではないかと思っています。

 

毛穴を1つづつ処理するので完全に破壊してしまう可能性が高いと思います。

 

もちろん別に専門家でもなんでもいなのであくまで個人的意見です。

 

そして永久脱毛自体できない可能性があります。

 

それは一度無くなった毛穴が復活するかもしれませんし、毛穴の無かったところに新たな毛穴ができる可能性があるからです。

 

実際にあることの治療の副作用で毛深くなったり、体質が変わって毛深くなったりしますから、新たに毛穴は産まれてくる可能性があるわけですから、そもそも永久脱毛自体できないのではないかと思ってしまうのです。

 

ホルモンのバランスを崩して毛深くなったりすることもあるようですから、実際問題、永久脱毛と呼べるものはないのかもしれませんね。

ヒゲの永久脱毛はできるるか?関連ページ

どの脱毛方法がいい?
脱毛方法には、光脱毛、ニードル脱毛、レーザー脱毛がありますが、髭脱毛をするにはどの方法がいいのでしょうか?
ヒゲ脱毛の手順
ひげ脱毛をするための手順についてまとめています。申込みやカウンセリング、施術から脱毛完了までの流れについて
解約方法と返金
ひげ脱毛の契約をして始めたけれど、どうしても解約したくなった。またはその必要ができた。そんな場合の契約の解約や、支払った分の返金はできるのでしょうか
胸毛・手足の脱毛
体毛の濃さで悩み、胸毛の脱毛、手足の脱毛など札幌でで脱毛を考えている男性のためにまとめています。
家庭用ヒゲ脱毛機
家庭用のレーザー脱毛機、光脱毛機で自分でヒゲ脱毛するとどの程度の効果があるのか
ヒゲ脱毛での失敗談
ひげ脱毛する人が知っておきたいヒゲ失敗の失敗談につい取り上げています。。
やっぱり痛かったひげ脱毛
ニードルも、レーザー脱毛もゃっぱり髭の脱毛は痛かった。痛みに耐えることはできますか?
ヒゲ脱毛にかかる料金と時間
ヒゲ脱毛をするにはどのぐらいの時間と料金がかかるのかおおよその目安をまとめてみました。
ヒゲ脱毛何回やったら完了する?
どのぐらいの回数をこなしたら、ひげ脱毛を完了できるのか?そりはどこまでの状態を望むのかということですので、希望によって異なります。
脱毛ローション、クリームでひげ脱毛?
もっと手っ取り早くひげ脱毛ができないだろうか、脱毛ローションや、クリームについて調べてみました。
鼻下のヒゲは超臭い!
ヒゲは見た目の不潔感だけでなく、最近の温床で臭いの発生源とももなっていることをご存じですか?ピケ脱毛には臭いをなくす効果もあるのです。
 
どの脱毛方法がいい? ヒゲ脱毛までの手順 脱毛の解約方法 医療レーザー脱毛 メンズサロン脱毛